ワンエイトのMEO対策と付加価値

エンドユーザーのインターネット上での動きである「未認知」→「認知」→「興味」→「比較」→「決断」という来店心理に合わせた最も効果的な対策がMEOになります

「認知」 エンドユーザーに認知されるためには場所+目的で検索した際にGoogle マップで上位にいることが必要となってきます。

検索した際に出てくる順番は一番上にリスティング広告、その次にMEO、SEOとなっています。MEOはリスティング広告の次、2番目に表示される対策です。 ほとんどの人がどこかに出かける時にGoogle マップで検索をして意思決定をしています。
未認知の人に認知されるためにはGoogle マップで上位3位以内にいることが最も効果的な集客方法です。 弊社のMEO対策ではエンドユーザーの動向と競合他社を分析し、1つのキーワードで網を張るのではなく、お客様のニーズに合わせた6つの最適なキーワードを選定し、提案します。
例えば歯医者では、 「銀座」+「インプラント」、「銀座」+「矯正」、「銀座」+「小児歯科」、「有楽町」+「小児歯科」とエリアとキーワードを少しずつ変えていきながら大きく網を張ることにより、様々なキーワードで検索した人を一つの店舗へ集めます。

「興味」 エンドユーザーは認知したのち、その店舗の情報収集を開始します。

ここで重要になってくるのが視覚情報でのアプローチです。
弊社では、マイビジネスという第2のホームページで綺麗な写真を投稿したり、商品ページの掲載をしたり、ホームページにいかなくても店舗の情報がわかるように充実させます。
マイビジネス上だけで完結することにより、エンドユーザーは写真を見て、電話や経路検索ができるため、より来店に結びつきやすくなります。

「比較」 エンドユーザーは居酒屋やホテル、どこか行くときなど決断するときは必ず口コミにたどり着きます。

そのマイビジネスの口コミを年間で100まで増やしていくサポート、口コミ対策ツールの提供をします。 星4つ以上の良い口コミをより多く集めていくことで、行ってみようと決断に至ります。 多くのエンドユーザーは、より信頼できる店舗選び、安心できる店舗探しをするために口コミは欠かせないものとなっています。

この「未認知」→「認知」→「興味」→「比較」のインターネット上でのエンドユーザーの動きに合わせて対策することでより来店につながります。

弊社のMEOでは上位にあげてただ認知させるだけでなく、興味や比較の対策サポートを付加価値として提供していくことで、来店、決断までの導線を作っていきます。

エンドユーザーの来店心理

エンドユーザーの来店心理

エンドユーザーはどうやって来店するのか?

情報を得る手段が従来のテレビや新聞からインターネットへ移行した今、WEBマーケティングでの集客は必要不可欠です。 エンドユーザーは来店や購買に対してインターネット上で60%の意思決定をしているといわれています。 WEBマーケティングにおいて、エンドユーザーのインターネット上での動きを理解することが店舗の集客に最もつながる知識となります。

エンドユーザーの来店心理は「未認知」→「認知」→「興味」→「比較」→「来店」です。

エンドユーザーはまず第1フェーズとして、未認知から認知されにいくことから始まります。 目的があるけど知らない。だからこそ漠然としたキーワード「場所」+「目的」。例えば、「銀座」+「歯医者」と調べます。 調べたときに上位に上がっている店舗から順番にユーザーの目に入り、認知されます。 スマートフォンを所有している74%の人がGoogle mapを利用しています。 だからこそ、認知されるためにはGoogle mapで上位3位以内に表示されることが最も認知につながりやすくなります。

認知してもらわないと意味がない。

インターネット上での来店に向けた活動はスタートしません。 リスティング広告やMEO、SEOでGoogleの1ページ目にいることが重要になってきます。

第2フェーズは認知から興味 人は視覚から得る情報により興味が湧きます。

写真、商品ページ、説明文というような、目から入る情報をもとに意欲が高まります。 多くの写真や画像、サービス内容を掲載しておく必要があります。

第3フェーズは興味から比較 興味を持ったエンドユーザーは他者の評価を知ろうとします。 ここで重要になるのが口コミの数とその内容です。 エンドユーザーは実際に利用したことがある人の良い口コミをもとに行ってみようと決断に至ります。 この3つのフェーズをGoogleで表示されるマイビジネス1ページで完結できるのがMEO対策です。

だからこそ、「未認知」→「認知」→「興味」→「比較」→「来店」このインターネット上でのエンドユーザーの動きを理解することが第一条件となります。


	

店舗の効果的な集客方法について

MEO対策集客UP

MEO(ローカルSEO)とは、 Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略称です。

Google Mapに表示されるマイビジネスを最適化することを指し、MEO対策することでGoogle Map上でお客様の情報が上位表示され、非常に効果の高い集客対策となります。

近年、スマートフォンが普及し、ユーザーは簡単に目的の場所と店舗、求める施設を検索することができるようになりました。 今後も需要が伸びる傾向にある中でこの検索が店舗集客を伸ばす鍵です。 MEO対策は地域+目的でキーワード検索をした時にGoogle Mapでの上位表示にすることを目的としています。 地域+目的でキーワード検索するユーザーは行くこと、やること、といった、目的がはっきりしています。 そのため、キーワード関連の施設や店舗に行く前提で検索をしているため、動向意欲が高いといえます。

Google Mapで上位に表示されることにより、ユーザーの目に入りやすくなり、クリック率が2~3倍高くなり、店舗への流入につながることが期待できます。

MEOを導入するメリットとしては、大きく分けて3つのポイントがあります。

  1. 認知向上・ブランディング
  2. 見込み客の来店率が上がる利便性の高いサービス
  3. 比較検討される企業が少ない

MEO対策は効率良く、集客効果が期待できるといえます。

株式会社ワンエイト、始動!!

初めまして。
ワンエイトは店舗の集客支援をしている会社になります。
そんな弊社がお客様へ有益な情報を伝えたくブログを始めました。

ワンエイトが大切にしていることを知って頂きたい。
集客の悩み解決の糸口となるように。
そしてお客様の成功への架け橋となれるように。
集客の効果的な方法を知らない方も多くいると思います。
そんなお客様へ向けてワンエイトから有益な情報を発信していきます。

ワンエイトは”人と店舗の繋がりをつくり、健康に生きる喜びを提供する”ことを事業ビジョンとしています。

努力を重ねて創りあげた店舗。
その店舗の集客でお悩みはありませんか?
今まで出来なかったこと、知らなかったこと、叶えられなかったことはありませんか?
そんな問題を解決に導くお手伝いを私たちが致します。

お客様一人一人の問題解決を追求し、最大のパートナーとして、共に成長することをお約束します。
一人でも多くの人のために。と日々奮闘している店舗の皆様のために日々精進致します!

株式会社ワンエイトのメンバー